悩んでいる男性
  • ホーム
  • 健康診断での胃隆起変の検査法とヘルペスの診断

健康診断での胃隆起変の検査法とヘルペスの診断

ヘルペスという感染症は、血液検査法により細菌の抗体を検査することで、病気の有無を確認しています。
ヘルペスは感染した状態により、血液中の数値を測定する検査法により、ヘルペスであるかどうかが診断できるものです。
また、再発が疑われるケースでは、そのほかの検査法で身体反応によるヘルペスの抗体に関連する数値を測定し、詳しく診断する事が基本です。

ヘルペスへの感染は、完治しないままでは第三者にも感染させてしまう可能性があるので注意が必要とされます。
そして、この病気は自覚症状がないことが多いので、他人に感染させてしまう大きな要因となるのです。
それ故に、完治するまでは医療機関で診察を継続する必要があるのです。

ヘルペスの症状があると薬剤を服用して治療しますが、ヘルペスは身体の免疫力が低下する事で発症することが多くある病気です。
そのため、過度なストレスや生活習慣の乱れが原因で、消化器系の内臓にも不具合をもたらし、胃粘膜の表面が隆起してくる胃隆起変を伴う事もあります。
これは人間ドックなどの健康診断でポリープとして診断される事が多くなります。
この胃隆起変の疑いがある場合は、医療機関で行われる検査法としては内視鏡などを用いて精密な検査を行います。
また、場合によっては悪性か良性かの鑑別も必要となるために、胃がんなどの腫瘍性の病変との違いを明確にする事も重要です。
胃潰瘍は良性の胃の疾患である事が大半ですが、悪性の腫瘍が発見されるケースもありえるので、内視鏡などの検査法を用いて胃隆起変の詳細を把握しなければなりません。
そのため、ヘルペスの諸症状が自覚できる際には、免疫力の低下で発症する可能性の高い疾患などにも注意が必要とされます。

関連記事