悩んでいる男性
説明している医者

ヘルペス性口内炎は0歳から3歳ぐらいまでの子供がかかりやすい病気の1つです。
ヘルペス性口内炎は単純ヘルペスウイルス1型というウイルスによって感染します。
このウイルスに1度でもかかったことがある人は、生涯にわたりヘルペスウイルスが目の奥にある三叉神経に潜伏し続けます。
大人の50%以上がウイルスを保有しているといわれています。
このためウイルスを持っている家族から子供に感染したことが原因となる場合がみられます。
口移しで食べ物を与える、水ぶくれが出来ているところに触れたタオルや食器等が感染源となります。

ウイルスに感染すると高熱が出て口や喉の痛みを伴います。
口の中には水ぶくれができ、歯茎が腫れます。
水ぶくれが潰れると潰瘍になってしまいます。
とても痛いので食べ物を摂ることが出来なくなり点滴が必要になる場合があります。
症状が治るまで1週間ほどかかります。

治療方法として内服薬の抗ヘルペスウイルス薬や鎮痛薬、解熱剤を用います。
症状が出たら早急に病院での受診が必要です。
水ぶくれがある部分を触った手で目を触ると目にウイルスが感染して、角膜ヘルペスとなることがありますので触れないように気をつけましょう。

ヘルペス性口内炎が治った後に期間をあけてから口の周囲に水ぶくれができる口唇ヘルペスとして再発することがあります。
また、ヘルペスが原因で水疱瘡や帯状疱疹ができることがあります。
その場合は帯状疱疹や水ぼうそうといった症状を緩和させるアシクロビルの服用を検討して早期に治療をしましょう。
アシクロビルが含まれているゾビラックスは世界で初めて開発されたヘルペス治療薬で、既に30年以上治療に使われている実績があることからもおすすめの薬になっています。

アシクロビルを有効成分としたゾビラックスの登場により、ウイルスを抑制するヘルペスの治療法が確立されました。 それにより、ヘルペス患者の肉体的かつ精神的負担が軽減されただけでなく、死亡リスクが極めて高かった新生児ヘルペスの致死率を90%から30%へ、ヘルペス脳炎の致死率を70%から20%へと低下させるなど、治療が困難だったヘルペスの根本的な治療が可能になり、多くの命が救われました。 ゾビラックスは、日本国内では1988年に承認されて以来、30年近く経った現在でも処方され続けている実績のある薬です。ヘルペス治療薬として今なお臨床現場において活躍をしています。

引用元:ゾビラックス - 通販価格:3,480円【正規品25%OFF】|薬の通販オンライン

ウイルスの感染によって急性脳炎を発症して、けいれんや意識障害をおこす可能性があまりますので注意が必要です。
ウイルスを保有している人は体力が衰えていたり、疲れていたりする時に症状がでるケースがありますから規則正しい生活を送るようにして下さい。
ウイルスは接触感染するので学校や保育園等は症状が治まるまではお休みにしましょう。

記事一覧

性器ヘルペスは、性感染症の一つで、日本では妊婦の100人に1人が罹患しています。 性交後、3~7日で...

薬を飲んでいる男性

発展途上国は先進国と比べてさまざまなところに問題を抱えていますが、現在非常に大きな問題となっているの...

考えている男性

日本遠赤外線療法研究会で提唱されている熱により免疫力を高め、体の悪い部分を排除する方法は、いろんな人...

黄色の錠剤と瓶

ヘルペスと一口に言っても、その原因菌の型は1つではありません。 また発症も全身どこでも可能性があり、...

ウィルス

口唇ヘルペス感染で口唇に水ぶくれができた症状だけなら、ほぼ休暇を取ることは不可能だと思います。 なぜ...