投稿者「Butt」のアーカイブ

お葬式の事前相談は準備するものではなく決めておくことが大事

「もし自分が死んだのなら、その時に備えてきちんと準備をしておこう」
これはとても大切なことです。
今はこれを終活と呼んでマスコミにもよく特集されています。
でも、
【お葬式に関してはそこまでうぃつ用無いんじゃないかな?』
と私は考えています。

確かにお葬0のじゅんいはいつも突然にやってきます。
ですから残された遺族が深い悲しみに浸る暇もなくあわただしく勧めなければいけません。
それでも私は「お葬式は準備しておかなくても大丈夫」と思うのです。

今は葬儀社もお葬式の事前相談会を頻繁に行っています。
足しjかに襲う費s記の事前相談流行っておくこともは悪いことではありません。
お葬式のことなんてそうそう詳しい人も少ないからです。
ただこのお葬式の事前相談をお葬式の準備とは考えて欲しくありません。
準備ではなく、お葬式について事前の地h式を備えていくことが大事なんです。
お葬式についてあらかじめ知識を得ておくこと
また
葬式について決めていおくこと
これは葬式の準備ではないのです。
だからこそ明るい気持ちでお葬式のことについて家族で話し合ってみて欲しいのです。

お葬式の事前相談は納得できる葬儀社を探すためにするものなんです。
お葬式について決めておくこと
それはどこの葬儀社にするか?ある程度の目星をつけておくことが一番の目的ではないでしょうか。

生前から葬儀社を比較検討しておけば、いざとなった場合に葬儀社が粛々と個人の考えに沿って準備をしてくれます。
残された遺族はそれに従って粛々と葬儀を執り行っていくだけです。
ですからお葬式の事前相談は「残された家族を困らせない為、不安を払拭するためのもの」と考えるべきでしょう。
残された家族が困るのはお葬式の「手順」ではなく「お金」です。
事前相談で予めお葬式の予算さえ決めておけば、その後のお墓のことや遺産相続についても話がスムーズになります。
どれだけをお葬式に回すか?
どれだけをお墓に回すか?
どれだけお残された顔z九の生活費に回すか?
それを考えておくためにお葬式の事前相談をしてみてください。

いいお墓 評判

離婚で財産分与と慰謝料をまとめて払うケースもある

妻が専業主婦で収入がなく、夫の収入で生活してきて、預金名義などすべて財産が夫名義だった場合の財産分与はどうなるのでしょうか?
この場合も妻は夫に財産分与を請求できます。
それは家事労働も結婚生活の基盤を支えるための大切な要素であり、それがあって初めて夫が働けて財産形成ができたと考えられているからです。
共働き夫婦でも名義云々に関係なく、婚姻中に貯めた預金などは夫婦それぞれの貢献度に応じて財産分与されます。

なお財産分与と慰謝料が別物です。
相手がまとめて考えるケースもありあmす。
でもその場合、少し話がややこしくなります。
慰謝料と財産分与が別々であることを明記して
協議離婚の場合は公正証書
調停離婚の場合は調停調書の最後位に
「両者間には本書に定める以外、なんら債権債務がないことを確認する」
という条項が入れられます。

中には
「一刻も早く離婚したい」
という李唯腕財産部如意を放棄しチェしまうケースも少なくいありません。
または納得できない財産分与でも了承してしまったりもします。
そんな場合は必ず後でこうお買いします。
親権と異なり、財産分与は必ず離婚前に夫婦で決めておかなければならいことではありませんが、いったん書面で
「放棄する」
「なんら債権を負わない」
と明記すると後でひっくり返すことは相当困難になります。
しかも調停離婚の場合はその後の財産分与の請求では婚姻中よりも少なく分与される傾向にあり不利な場合もあります。
また離婚後にあいてが勝手に処分してしまうと1円も貰えない可能性もありあmす。
やはり離婚の財産分与は離婚の話を進めていくうえできっちりと決めておく方が有利な財産分与になることが多いです。

ちなみに離婚の財産分与は離婚後3年以内に申し出が無ければその請求権は失われてしまいます。
ですから離婚を考えたのならば予め双方の財産をきちんと調べ上げておく必要があるのです。
離婚前提の別居状態であればその財産の調査は簡単ではありません。
離活 離婚 準備 ブログ