遺品整理のタイミングは「今」です

遺品師襟をいつすればいいのか?
それは「今」です、
「遺品整理をそろそろしなければいけないかなぁ?」
そう考えているのなら、まさしく「今」なんです。
遺品整理は「物」の整理と「心」の整理です。
これが本当に大変なんです。
遺品整理をやりだすと
「残すもの」
「捨てるもの」
その区別をしなければなりませんが、その判断が時間の経過とともに変わりあmす。
親が亡くなってすぐでは、お茶碗ひとつ捨てことなんてできないでしょう。
でも、それも時間が経てば心の準備も整ってきます。
だからこそ「そろそろ遺品整理もしなくては」という気持ちになれるのです。

遺品整理をしだすとみなさん悩まれるのが
「なにを捨てる」
「なにを残す」
です。
親は生前たくさんのモノに囲まれて暮らしていたはずです。
整理整頓して暮らしていた親であっても、いざ片付けや遺品整理を始めてみるとそのニモノの多さに驚くと思います。
どこからてをつければいいのか?
途方に暮れてしまうことも少なくありません。

そのモノの量に困り果て、片っ端から捨てる
それも親との思い出を考えればなかなかできません。

しかし、時間が経てば経つほど遺品整理は大変になってきます。
それは子供自身も高齢者になっていき、気力体力が落ちてくるからです。
親が亡くなって10年も経てば、おそらく子供もすでに高齢者です。
ひょっとしたら兄弟の中には体調を崩してしまう人も出てくるでしょう。
では、その兄弟の代わりに甥や姪が手伝ってくれるかというとおそらくそれは難しいことでしょう。
なぜなら、そんなことを頼まれても甥や姪からスでば大きな迷惑です。
さらに甥や姪からすればおじちゃんおばあちゃんの生前のことなどあまり詳しく知りません。
できれば少しでも兄弟たちが元気なうちに遺品整理は始めなければなりません。
これらのことを考えれば出来るだけ早く遺品整理は始めなければなりません。
だからこそ「遺品整理を始めるのは今」ということになるのです。
遺品整理 いつから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です