迷ったらあえて困難な道を選ぼう!それが後悔しない秘訣だから

人生において大きな決断しかければならない時って必ずありあmす。
どちらの身と選ぶか迷った時、
人はえてして楽な方を選びがちです。
それなのにみんな後でその決断を後悔するのです。
迷ったのならあえてより困難な道を選ぶ方が自分をより成長させてくれます。
なせなら、絶対に人間は楽なほう楽なほうを選ぶのです。
心の流れに身をまkせていると人間はなかなか積極的に挑戦などできないのです。

そして楽な道ほどみんなが選ぶので、後から考えたらより競争が激しくて苦労することもあるのです。
例えば、花形産業だと思って入社した企業が時代の流れについていけずに斜陽産業に陥ってしまった。
そんなことは今は日常茶飯事です。
安定した生活は、常に努力を続けて行って初めて得られるものです。
いや、安定を求めた時点ですでに自分と妥協していることともいえます。
しょせん「安定」なんて幻想かもしれません。

人はみんな多かれ少なかれ「成功したい」「良い暮らしをしたい」と考えているはずです。
それを口に出すか?出さないか?の違いだけです。

ですから「常にワンランク上を望む」という姿勢が大事なのです。
そのためには時に「あえて困難な道を選ばなければならない」という状況もあるでしょう。
しかし、mそれがあなたのえねるいぎーとなり成功へと導くこともあるのです。
あえて困難な道を選ぶことは結果的に後で考えれば楽ができることも少なくないのです。
若い時には環境の変化にも受難に対応できます。
しかし、年齢を重ねていくとその環境の変化には耐えられないのです。
遠回りに思えることが意外と近道だった
そんな経験を成功者はみんな実感しています。

現状維持では何も変わりません。
あえてそれを選ぶのも大事な決断でしょう。
でも、それを後でグチグチと後悔すりょうな愚痴だけは儚いで欲しいのです。
家庭をもっているのならそんな大きなリスクは背おえないのも事実です。
でも、それを言い訳には市内でくださいね。
シンプル瞑想 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です