老後の話

両親の老後の話。我が家は普通の会社員だった父と専業主婦の母、子供は姉と妹と私の3姉妹。贅沢ではなかったけど普通の家庭だと思う。私たちも普通に大学や専門学校に行かせてもらい各家庭を持ち普通の幸せな家庭を築いていると思う。そんな中で父も定年退職し、老後を母と2人でのんびりと生活していくものだと思っていた。
退職金や老後の年金で生活しつつ、元気であれば父も再就職をして働ける間は働きたいと意気込んでいた。今までのキャリアもあるのである程度仕事もあるものだと思っていたけれど、いざ探し出すと定年後の再就職は個別でするにはハードルが高すぎた。周りを見ると再就職している同僚はみな元の会社からの斡旋があっての再就職だった。父はゆっくり考えながらのんびり仕事をしたかったので会社からの紹介は断っていた。

そんな中で老後2000万円問題が出てきて、かなり焦りを感じ始めた父でした。けれど事務職兼営業職だっただけで証明できるキャリアもなく再就職も中々暗礁に乗り上げた。
再就職を探している中でふと目についた、プログラミングスクール。今まで興味はあったけれどスクールに通う時間もなくそのままここまで来たそうです。
そこで目にしたプログラミングスクールの広告。一念発起して通うことにしたそうです。再就職をメインとするより、今まで興味があってやりたかったことを老後にやってみる事に。
難しいプログラミングなんて定年後に習っても意味がわからないのでは?と私は心配でしたが・・・
そんな心配ももろともせず習うことが楽しいと言っていました。難しいHTMLなどを習っていくわけだから、途中でリタイアするかと思っていたら全くなかったです。毎日パソコンに向かい、教科書を広げながらパソコンをポチポチするルーティンが定着しつつあって安心しました。今からは、自分たちの老後資金の捻出だけを考えてくれるといいかな…と思います。
スクールを卒業したらフリーランスでのんびり仕事と老後を楽しむそうです。テックガーデンスクール 50代 プログラミング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です