子どもの発育

大事な我が子がすくすくと育つように願う親御さんは多いことでしょう。
しかし、周りの子と比べてしまって我が子の発育に悩んでしまいますよね。

まず、そもそも小学生までは発育に個人差があるので、体の大きさで悩むことはありません。
実際に小学校までは背の順で前から数えたほうが早かった子が、中学では後ろから数えたほうが早いくらい体が大きくなる子もいます。

それに男女でも発育に差があり、小学校の頃は女の子のほうが大きいことも珍しくありません。
しかし、わかっていてもやっぱり「うちの子って小さい」と悩んでしまうなら、発育の3本柱を気にしてみてはいかがでしょうか?

発育の3本柱は

  1. 食事
  2. 運動
  3. 睡眠

の3つです。

バランスのとれた食事を摂って、よく体を動かし、十分な睡眠を取っていれば子どもの成長に十分な好影響を与えます。
ちなみに、この3本柱は大人にも当てはまります。
健康な体作りに欠かせない3大要素なので、ぜひとも意識してみてください。

もちろん、背の高さには遺伝的な影響も少なからずみられるので、食事、運動、睡眠を十分意識していても背が高くならない子もいます。
しかし、背の高さだけがステータスではないので、あまり気にしすぎるのもよくありません。

事実、背の低いバスケットプレイヤーがプロで活躍しているケースもあります。
背の高さや体の大きさがスポーツに大きなメリットを及ぼすことが多いですが、それ以上に子どもが秘めているポテンシャルをいかに見つけてあげて、伸ばしてあげることができるかが重要なのかもしれません。
決して体の大きさだけが全てではないことを忘れないでくださいね。

しかし、体が小さすぎる場合は、やはり栄養が十分でない可能性もあります。
偏食が著しい子、フードアレルギーで食が細い子などは、十分な栄養を摂れるよう親が工夫してあげる必要があるのも事実です。

とはいえ「好き嫌いなく食べなさい」「残さず全部食べなさい」と注意するだけでは、問題解決には程遠いでしょう。
まずは、子どもの気持ちに寄り添い原因を突き止めるところから、ゆっくり焦らず対応していきましょう。
必要に応じてサプリメントで栄養補給を試みるのもいいかもしれませんね。
ノビルン 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です