愛犬の異常を見逃さない

当たり前ですが愛犬派言葉がはmなせません。
ですから、気づいたら大きな病気をしていた?手遅れ?
ということも多いのです。
ですから愛犬からの異常を示すS・O・Sは決して見逃してはいけません。
では代表的な愛犬の異常をスメス行動をご昇華しひあmす。

愛犬がお尻と地面にこすりつけている
愛犬がしきりに自分のお尻を気にしていたり、地面にこすりつけたりしていませんか?
時にはお尻を地面にくっつけたままズルズルと歩いたりもします。
これは肛門腺に炎症がある時によくする行動です。
犬のお尻には自分のニオイを出すための肛門腺があります。
ここに異常があると肛門膿炎や肛門周囲瘻孔になってしまうのです。
この病気にかかると熱が出たり、食欲がなくなったりします。

自分で自分の肛門を噛んだり舐めm和下理央
異常なくらい自分の尻尾を追いかけてぐるぐるしている場合は獣医師に相談しましょう。

やたらと耳を振る

耳をしきりに振っていた理
しきりに後ろ足で耳を掻いていたり

それはひょっとしたら外耳炎かしれません。
意外と耳の病気を抱えている犬は多いのです。
耳の中が赤く腫れていないかチェックしてあげてください。
とくにみmが垂れている犬種は注意しましょう。

耳を傾けっぱなしにしている
小首をかしげる仕草はかわいいですよね。
しかし、これもしきりにやっている様子だと外耳炎が進行している可能性があります。

水をやたらと飲む
犬は汗をかいて体温を下げる力は小さく、おもに呼吸で体温を調整します。
ですから水はとてもよく飲みます。
しかし、いつもよりも大量の水を飲んでいる場合は注意しましょう。
特に多いのが塩分の摂り過ぎです。
犬は人間に比べてはるかに必要な塩分の量は少ないのです。

特に人間の食べ物には犬yからすれば塩分が多すぎます。
人間の食べた残り物はあまり上げない方がいいのです。

その他にも
食中毒
糖尿病
熱中症
の場合にも犬は大量の水を飲むことが多いです。

普段から愛犬の様子を注意深く観察して、いつもと違う行動がみられたら獣医師に相談しましょう。
老犬 ご飯 食べない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です