ブランド品の買取に関して

ブランド品の買取に関してはある程度、コツがあります。
まずは売却するブランドは売れ筋のブランドにしましょう。
例を挙げるならば、ルイヴィトンやシャネル、エルメス、カルティエ、ブルガリ、ティフアニーのようなハイブランド、特に、ヴィトン・シャネル・エルメスは3大ハイブランドと呼ばれるほど影響力があるものですからこちらの売却をお勧めします。
もしくは、マイケルコースやフルラなど、ハイブランドではなくアパレルブランドですが、若年層の間で今非常に人気があるアパレルを売却するのが良いかもしれません。
これらの商品は現状、値崩れしにくく、売却に向いている商品と言えます。
しかし、これらの商品は高く売却できるが故に、基準外品やレプリカが相当数出回っている可能性が高いです。
これらの商品を売却するときは、その商品の品質を証明するギャランティカードを持参すると良いでしょう。ギャランティカードの持ち込みは買取価格が上がるわけではありませんが、買取価格が下がるのを防ぎます。
偽物をつかまされるのが怖い買取店はギャランティカードがない場合は、買取金額を出し渋る傾向にあるので、ぜひギャランティカードは持参したいところです。
売却する場合は、複数店舗で買取金額の相見積もりをとることをお勧めします。
お店側にも、相見積もりをとっていると伝えましょう。
買取専門店は大体、利益を重視しているので、買取金額を社内で調整しています
相見積もりをすることで、価格競争をしてくれるので最も高い金額で売却ができます。
その際、買取金額にあらかじめ、当たりをつけておくことも重要です。
お店によって金額は違いますが、大きく変わることはありません。
もし、大きく変わることがあるとすれば、そのお店は買取金額を意図的に低く調整している可能性があるので、売却の候補から外しましょう。
買取金額のあたりはオークファンやオークフリーの落札価格の大体80%くらいとしておけば大丈夫です。

出張 買取 トラブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です